ファルセット(裏声)の出し方

ファルセット(裏声)の出し方

歌の表現方法の一つにファルセットというものがあります。ファルセットとは芯のない弱々しい息漏れした裏声のことで、情緒的で繊細な声を作ることができます。地声では出ないような高音域を歌うときによく使われます。

ファルセットを習得するためには、まず裏声とファルセットの違いを知る必要があります。実は、裏声と一言で言っても、種類が3種類あるのです。それは、ミドルボイス、ヘッドボイス、ファルセットです。つまり、ファルセットとは、裏声の種類の一つになのです。ちなみに、ミドルボイスとは芯があり強い裏声で、ヘッドボイスはクラシックのように柔らかく出した裏声です。その違いは、息漏れの量になります。素人の人が裏声を出そうとすると、たいていミドルボイスになっています。

先程も述べたように、裏声の種類は息漏れの量で決まります。そして、息漏れの量は声帯の開け閉めで決まります。よって、ファルセットを習得するためには、声帯の開け閉めの練習をすることが必要になります。

では、具体的なファルセットの練習方法を紹介します。「アー」と声を伸ばしながら、声帯を徐々に開いて息漏れさせたり、逆に声帯を閉じてミドルボイスに近づけたりを繰り返します。
この練習を繰り返すと、声帯の開き具合により様々な声質に変化させることができるようになります。 狙った声帯の開き具合で声を出せるように練習しましょう。

声帯の開け閉めができるようになったら、次は、地声で「アー」と発声した後に、ファルセットで弱々しく「ハァー」と抜く練習をしましょう。
美しく繊細な声になるように心がけてください。 ファルセットに切り替えたときに極端に声を抜きすぎても違和感がありますので、自分の声をよく聞きながら息の抜き加減を調整してみると良いでしょう。

この他のボイストレーニングガイド

歌が上手い人の特徴

歌が上手い人の特徴

友達とカラオケに行くと、特にボイストレーニングを積んだわけではないのに歌のうまい人がいますよね。 その人の歌い方とほかの人の歌い方は何が違うのでしょうか。今回は歌が上手い人がもつ特徴をご紹介します。これを読めば苦労せずに歌がうまくなるコツがわかるかも?! …

続きを読む

音程の鍛え方

音程の鍛え方

カラオケで歌っていて「なんか曲と合ってないな」と思ったり、一緒に歌っている人に「音外れてるよ」なんて言われたりして、もしかして自分は音痴?とお悩みの方も多いですよね。音程は歌を上手に聞かす重要な要素の一つなので、しっかりと練習したいところです! そこで、今回…

続きを読む

喉のケア方法

喉のケア方法

一生懸命ボイストレーニングを行っていると、「喉を使いすぎたかな?」「喉に負担かけすぎたかな?」という時があると思います。常にいい状態で歌を歌うためにも、今回は、喉のケア方法を紹介します。 とにかく意識しなければいけないことは「声帯に負担をかけ過ぎない」と…

続きを読む

自分のキーを知ろう

自分のキーを知ろう

みなさんは、カラオケに行って歌うときにキーをどうしていますか? おそらく、殆どの人がキーを変えずにそのまま歌っているのではないでしょうか。原曲キーが自分にとってちょうどいい音域であるならば特に問題はありません。しかし、自分にとって高すぎたり低すぎたりするのに…

続きを読む

ファルセット(裏声)の出し方

ファルセット(裏声)の出し方

歌の表現方法の一つにファルセットというものがあります。ファルセットとは芯のない弱々しい息漏れした裏声のことで、情緒的で繊細な声を作ることができます。地声では出ないような高音域を歌うときによく使われます。 ファルセットを習得するためには、まず裏声とファルセ…

続きを読む

マイクの持ち方

マイクの持ち方

当然なのですが、マイクにも正しい持ち方・使い方というものがあります。普段は気にせずに使っていると思いますが、マイクの使い方を改めることで歌が良くなる場合もあります。 そこで、今回は正しいマイクの持ち方・使い方を説明します。 まず、マイクを持つ角度です。…

続きを読む

ビブラートの練習法

ビブラートの練習法

歌が上手い人は、よく音を伸ばすところで声を振動させているような歌い方をしますよね。この、伸ばした音を上下に細かく振動させる方法をビブラートといいます。きれいなビブラートを聞くと、自分もあんな風にビブラートをかけてみたいと思いますよね? そこで、今回はビブラー…

続きを読む

音痴の直し方

音痴の直し方

中には、『音痴を克服したい』という理由でボイストレーニングを始める方がいるかもしれません。そこで、ここでは音痴を克服するための方法を少し紹介したいと思います。 歌が下手な人の原因は大きく分けて3つあります。 ①音程が正しくとれない ②声が出ない …

続きを読む

腹式呼吸の練習法

腹式呼吸の練習法

腹式呼吸はボイストレーニングの練習法の中でも基本となるものです。腹式呼吸では、横隔膜がぐっと下がって肺が広がるので、多くの息を必要とするボーカルの歌唱方法では必須と言えます。歌に限らず、役者やアナウンサー、声優など声を使う仕事では必須と言われるほど重要な物にな…

続きを読む

歌が上達するコツ

歌が上達するコツ

ここでは、歌を上達させるためのコツを少し紹介します。 一般的にボイストレーニングの練習法といえば、楽譜を読みながらその音の高さを正確に拾っていくことや、声量アップのためのトレーニングなどがありますが、ボイストレーニングにおいて一番大切なことは『自分の歌声…

続きを読む

ボイストレーニングとは?

ボイストレーニングとは?

「歌が好きで良く歌っているのに全然うまくならない」とか「友達と週に2,3回カラオケに行っているのにあまり上達が感じられない」など、歌の練習をしているのに歌が上手くならないといった悩みを聞くことがあります。そこで、「才能がないのかな」「練習が足りないのかな」と不…

続きを読む

ボーカルスクールと独学の違い

ボーカルスクールと独学の違い

ボーカルスクールで習うことと、独学との違いはなんでしょうか? 実際に本やWEBサイトを使って独学で勉強しても、最終的に本当にこれで正しいのかどうかは、なかなか自信がもてないし、自分では判断が難しいものですよね。 スクールに通う場合は、その場で教えてもら…

続きを読む

ボーカルスクールの選び方

ボーカルスクールの選び方

自分に合ったボーカルスクールを見つけるためには、自分の目指す歌を指導してくれるボーカルスクールを選ばなければなりません。そこで重要になるのが、そのスクールの講師の音楽力と指導力です。 では、どのようにしてしっかりとしたボーカルスクールを選べばいいのでしょ…

続きを読む

PAGETOP